コンチネンス基礎講座 in 札幌 <報告>

2014基礎講座10月4日(土)、雨模様の中でしたが80名の参加をいただきました。
お手伝いいただきました役員の皆様、講師の皆様大変お疲れ様でした。
概ね何事もスムーズに進行していき、次回に繋がる活動ができたと思います。
それでも反省会では次々と改良点、注意も盛んに意見交換されてました。
この講座はさらに良いものに高めていけると感じました。

反省会では、最近の受講者像の話がありました。
ネットの普及により情報が取りやすくなったので学習している人が増えたこと。
講座に求めている内容は、より実践的なことに移ってきていること。
特に介護職の皆さんは日々排泄と関わっているので悩みも多いでしょう。
しかし解決する手段は即答できるものではないということ。
そこでコンチネンス教室の学習において、
事例報告を持ち寄り小人数でワークするとか、導尿についてだけを
学習するとか、ここを活用の場として定着したら良いと思います。
今回の講座がそちらへの参加も増やしていけるきっかけができていたら嬉しいです。

コンチネンス協会の活動は地味ですが、これからも仲間を増やして少しでも役に
立つ活動を続けていくことが大切だと思います。
来年も講座を開いて、札幌に<コンチネンス>をさらに広げましょう。
最後に、ご協力に感謝いたしました、ありごとうございました。

松尾 博美

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。