2016年10月 コンチネンス教室報告

201610%e6%95%99%e5%ae%a4

108日(土)「排泄ケアについて」~排便のケアとアセスメント~について、
当協会北海年部役員 井口久美さんに講義をしていただきました。
今年度は介護者向けに排泄ケアに関して知識を深め実践するために
解剖生理からシリーズ化してコンチネンス教室を実施しています。
今回は、その第3回目でした。その人にとっての心地よい排便とはどんなものか、
ケアに必要なアセスメントの仕方など実際の現場で経験したことも混じえながらの楽しく、わかりやすい講義でした。

4回目は来年225日、日常生活のケアと福祉用具の選び方、使い方を予定しています。皆さまの参加をお待ちしております。

 NPO法人コンチネンス協会北海道支部 渡邊祥子

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。